Online spenden, bitte hier entlang

Current News

カンボジアでのプロジェクト活動


新しく建設された基礎健康診療所の視察

天気に恵まれたドルフフェスト2016


平和村の子どもたちを巻き込みお祭りを盛り上げたJ-JDさんのステージ

反戦の日に際し


苦境の中の希望 ~アフガニスタンへの援助~


デュッセルドルフ空港に到着した子ども。撮影:Olaf Kracht

ルーマニアへの支援
―1990年から現地パートナー団体とともに行っています―


ルーマニアへ送った支援物資

設立より49年―まだ見えぬ平和な世界


何十年もの間、アフガニスタンでは不安定な情勢が続いています。 Uli Preuss撮影

キラキラ輝く子どもたちの瞳 ―平和村お祭りPeace im Pott2016 を終えて―


DVD第2弾 世界ウルルン滞在記 特別編 販売開始!
『忘れない! 戦場で傷ついた子どもたち~ドイツ国際平和村の記録~』


ガンビアへの援助飛行が無事終了しました


アルメニアとキルギスで「国際子どもの日」のお祝い!


第59回アンゴラへの援助飛行が無事終了


本部でのミーティングにて。

病院をはしごしながら


熊本地震に際し


大分県の平和村支援サークル Prace×Piece 

「敵だ、怖いヤツだ」と思っていたけれど…


和やかな雰囲気に包まれ、刷り込まれていた偏見がなくなっていきます。

国際地雷デー(4月4日)に際して 


久しぶりにお父さんと再会して

2週間で3ヵ国をまわって


現地入りしたスタッフが帰国し、現地の報告をしています。

ブリュッセルでのテロによせて


Photo : Torsten Silz

国連水の日-水が存在してこその生命


アフガニスタンにおける井戸設営プロジェクト

東日本大震災とフクシマの悲劇 - 5年前のあの時 -


生まれたばかりの赤ちゃんだった子が、今ではもう5歳のお兄ちゃんです。弟さんと一緒に。

心落ち着く場所へ。
アフガニスタン、中央アジア、コーカサス地方の子どもたちの帰国


最後のチャンス
アフガニスタンの人々は、子どもたちが元気になることを願って、ドイツ国際平和村へ子どもたちを託しました。


デュッセルドルフ空港にて

辛い現実―アフガニスタンへの援助飛行の日程が近づいてきました


カブールにて待機中の子どもたちとその家族

アフガニスタン –人々が離れ去っていく国


アフガニスタンの一風景

カンボジア:26ヶ所目の基礎健康診療所と産婦人科病棟への支援


Romeas Hekの産婦人科病棟にて

2015年ドイツ国際平和村活動報告


©TorstenSilz

1.6トンの援助物資をルーマニアへ


スンニコラウ・マーレの小児科にて

1年の終わりに ‐平和を願ってのパーティー「フリーデンスフェスト」を開催しました。


スリランカ・ナタンディア平和村でのクリスマス


パケットアクションの支援物資をコーカサス地方とタジキスタンへ届けました


デュッセルドルフ・オーバーカッセルにて

人権デー


オーバーハウゼン市でのイベントにて

ドイツ国際平和村は、ドイツ連邦軍によるシリアへの軍事介入に反対します


国際寛容デー


写真撮影:Jakob Studnar

2日間で約1万キロの飛行-第58回アンゴラ援助飛行を無事終えました-


子どもたちの到着。デュッセルドルフ空港にて。

アンゴラ独立40周年 -第58回アンゴラ援助飛行-


アンゴラ現地にて

中央アジアとアフガニスタンの大地震


アフガニスタン-地震による被害が心配されます。

4日間のガンビア滞在を経て


家族が一番!


ドイツ国際平和村スタッフが日本からドイツへ戻りました。


ドイツ国際平和村 in Japan


平和村お祭りドルフフェストの際に、平和村のヒロシマ通りに桜の苗木の植樹祭を行いました。

大盛況のドルフフェスト2015


猛暑の中開催された2015年のチャリティウォーク


「ナッハ・ハウゼ、ナッハ・ハウゼ(家に帰るんだ、帰るんだ)」
~アフガニスタン、中央アジア、コーカサス地方の子どもたちが帰国しました~


いつもと変わらない流れの中で


子どもたちの到着。デュッセルドルフ空港にて。

ドイツ国際平和村がテレビに登場しました


一日一日を生き抜く


面会を待つ子どもと家族

ヒロシマから70年


折鶴は、日本で平和と健康を願うシンボルです。

ガンビアの農家への支援


国際友情の日


ドイツ国際平和村での友情 (写真提供 トーステン・ジルツ Torsten Silz)

ルーマニアへ支援物資を送ります


点滴スタンドや車椅子などたくさんの物資をルーマニアへ

ドイツ国際平和村のルーツ-48年前の7月


ウズベキスタンで新しいプロジェクトが始まります!~中央アジアからスタッフが戻りました~


面会を待つ子どもたちとその家族

5人のガンビアの子どもたちが帰国しました!


赤ちゃん、こんにちは。
カンボジアでの現地プロジェクトは順調に進んでいます。


地方病院で生まれた赤ちゃんと母親

中央アジア3カ国への訪問 


写真:タジキスタンの風景(2014年撮影)

ガザの子どもたちの帰国


国境にて。家族との再会はもうすぐです。